2cvの車検

車検をお願いしたところ
1989年8月 136万円と登録費用、排ガス検査代金。 環八尾山台のチェッカーモータースで買った
1992年8月 新西武自動車浦和店にお願いした
1994年8月 新西武自動車浦和店にお願いした
1996年8月 新西武自動車はクライスラーになっていて、田澤自動車を紹介してもらった
1998年8月 埼玉田澤自動車にお願いした
2000年8月 奈良庄田自動車にお願いした
2002年8月 環八沿いのル・パルナスにお願いした(この頃にタイヤを交換している)
2004年8月 環八沿いのル・パルナスにお願いした
2006年8月 新井薬師のTOMOSにお願いした(タイヤを135R15に替えた)
2008年8月 新井薬師のTOMOSにお願いした
2010年8月 ユーロ練馬にお願いした
2012年8月 ユーロ練馬にお願いした(ここから木村さんがやってくれたようだ)
2014年8月 ユーロ練馬にお願いした(新車か?という乗り心地になっていた)
2016年8月 オートモービル木村にお願いした、工賃+部品代=70100円という最安値
(保険料27800円、従量税25200円)

タイヤ交換
1995年頃 ガソリンスタンドで指摘され慌てて246号環八交差点近くのタイヤ屋さんで交換
2002年頃 最後のミシュラン125R15
2006年8月 ミシュラン135R15に替えた(125がなくなっていたため)
2015年12月 タイヤをナンカン125R15に替えた

屋根貼り替え
あまりの頻度で覚えていない、大体3年に1回くらい貼り替えているか?

塗装やりなおし
2002年 ルパルナスで60万円でやってもらった

意外な事実
2014年 車検時に「触媒」が2つついていると指摘され、車の下についている触媒を撤去

ヘッドレストの交換
2015年 西武自動車の純正ヘッドレストを見つけてくれて、交換をした。

大きなできごと
買った年 品川ナンバーだった。
厄介な人に車をぶつけた。
買った年 屋根が吹っ飛んだ、破けた、保証はしてくれなかった。
91年 神戸まで行った。
94年頃 正月に安達太良SAでエンジンがかからなくなった、JAFさんがエンジンかけてくれた。
春日部ナンバーになった。
95年頃 おかまを掘った相手の車は代車で保険処理は曖昧なまま終わっていた。
99年 奈良に引っ越した。
02年 練馬に引っ越した。
00年頃 藤の木台で集中豪雨でエンジンが水をかぶってしまった女子高生が車を押してくれた。
01年頃 ダイナモが逝ってしまった、バッテリーで動いていたが、いよいよエンジンがかからなくなった。
家まであと200m。JAFさんがバッテリーを持ってきてくれて、家まで走った。
その他 結構、ガス欠になることはあって、
国道125号で2km押したこと
中野車庫付近でガソリン買いに走ったこと
東村山でJAF呼んだこと
記憶があるのは3回。
遠くへ行った 国道1号を下って、びわ湖、京都、神戸を経て、奈良、東京
鬼怒川を烏山から、
千曲川をカヌー下り
日光から鬼怒川へ
越後妻有トリエンナーレに2回
中之条ビエンナーレに3回
東北道経由で酒田まで
関越道経由で酒田まで
奥多摩を経て、諏訪湖・霧ヶ峰、志賀高原へ
房総半島へ
奈良から岡山・小豆島へ
八方までスキーに2回
苗場までスキーに1回

ブルックナーの宇宙と打楽器ピアノ


ブルックナーのオルガンの和声がなるほど金管楽器に化けたのか・・・。
オルガン版はピアノ版と違ってなんとも、こんなにマッチするとは。
そりゃ、打楽器の出番があまりないってのももっともだ。
指揮者が演奏不可能と断ったのもわからないでもない。
オルガンで演奏して聞かせたら「!!」となったのではないのだろうか?
(いや、オルガンは押していると音が出続けるけど、人間は体力の限界があるから、やっぱり無理)

ブルックナーの変なところというと、
ひょっとすると「バッハ」なんかもそうなのかもしれないけど、
(バッハは速度記号がないから、演奏速度は違うし、楽器も違ったから現代とは随分違う音だったハズ)
同じ「曲」のハズなのに、同じ演奏をしていない、
そのことの究極の姿かもしれなく。
原典版・改訂版
ハース版・ノヴァーク版
改竄板・校訂版
順列組み合わせに加えて、金環を「倍管する」やら、バリエーションの多さこの上ない。


ブルックナー7番のピアノ版
なんか違和感がありありだ。
やっぱり打楽器は向いていないようだ。

なんと、マーラーの「復活」
の4手版なんてのもある。


古くはリストがベートーヴェンの交響曲をピアノ版に編曲している



ずいぶんとあるもんで、
ムソルグスキーの展覧会の絵をラヴェルが編曲したのはなるほど・・・。
今になって分かることも沢山ある。
「ピアノの方がいい、なんて簡単なことを言っていてはいけない」

ヴェートーヴェン交響曲リスト編曲全集なんていう奇特なものもある。意外と廉価だ。

ニーベルングの指輪



音楽では1日かかるものも、マンガだと上下巻になってしまうすごさ。

本の作り方

「gacco」が本になる。
「人とロボットが共生する未来社会-立東舎デジタル講義録-石黒-浩」

Mac on Parallels+windows10

MacBookはWindows最強のモバイルノートだ!!
とかうそぶいて、BootCampにWindows8.1をインストールして使っていた。
2月末に急に使えなくなった。
BootCampがBootしなくなった。
初期化もできなくなって、
仕方ないので、空き領域をMacOSにフォーマットし直した。
Parallelsをインストールして。WIndows10をインストールした。
買ったWindows(USBメモリー版)は何故かインストールできず、オンラインで買ったOSはインストールできた。

MacBook12インチには・・・
Windowsがインストールできない。
ためしにChromeOSを入れてみることに。

カメラ?スマホ?


ついつい気になって、やっと設定が終わった。
あとSIMカードを入れればなんとかなる。
googleさんが100GBのドライブを提供してくれる。
どうやら2年間だけのようなんだけど。

2cv

2cv Jan 2016


夜のお寺

お寺に「夜」出かけるということは滅多にないハズだ。
初めて夜出かけたお寺はどこだろうか・・・。
高校1年の時に初詣に西新井大師に行ったのを思い出した。
朝まで暇をもてあまし、どこかの喫茶店で朝を迎えた気がする。
そのままアルバイトの年賀状配達をしたたはずだ。
東大寺二月堂にお水取りを観に行ったのはいつだったか・・・。
東大寺二月堂は24時間入れることを知ったのは2013年の年末だった。
確かに道には街灯がついている。
知らない人は絶対いけないと思うけど、
ぽつりぽつりと人がいるのでちょっと安心する。

2015年の師走に、
春風亭一之輔独演会で池上本門寺に出かける。
年末は「芝浜」を聴いてほっこり新年を迎えるのが通だそうだ。
IMG_1613
IMG_1611
IMG_1609
IMG_1595
IMG_1577

「アイデアソン: 越境して『広告』の未来を探索しよう」

21世紀になって一番かわったこと、
それは「知らせる」もしくは「知る」という方法なのではないのだろうか。
案外、覚えているということは変わっていなくて、
基本的に「ことば」と「時間」をキーに検索するということはあまり変わっていない。
(色とか音とかでの検索というのはあまり現実的なものではない)
もっとも「音」が人の記憶どどのように呼び起こすかということでは、随分変化があったような気がする。
「葬式」で亡くなった人の声が出てきた映像を見てびっくりしたことと、
この「記録と思い出」シンポジウム、「タイムカプセル開封式」で野島久雄さんの声が出てきた時には、
やはり衝撃だった。脳の中に密封された「何か」があふれ出したのを実感した。
で、今回は「広告」が変わったということを思い返して、想像することが目的のアイデアソンが開催される。縁あって「モデレーター」をやらせていただくことになった。

開催日時
2015年12月12日(土)15:00〜18:30
新宿・工学院大学

開催趣旨

このアイデアソンでは、従来の広告が崩壊しつつあるなかで、新しい『広告』について、創発的な議論をして頂く場を提供いたします。

『広告』のあり方は大きく変わってきています。
『越境』という言葉は、これまでは、広告に直接携わっていらっしゃらないかたであっても、メディアの進化により、誰でも、『境界を越えて』広告と直接かかわることが可能な時代になったという思いを込めてつけました。
しかし、次々と出てくる広告方式は新しい概念なのか、という疑問もあります。
そこで、このたび、様々なお立場の参加者が、それぞれインスピレーションを拡げることにより、新しい『広告』の方向性を模索し、コミュニティ醸成のきっかけとなることをめざしてアイデアソンを開催することにいたしました。

今まで広告にかかわっていらっしゃったかたはもとより、そうでないみなさまのご参加を歓迎いたします。

ご参加者が得られること
このアイデアソンでは、成果として、明日のビジネスにすぐに役に立つ企画をまとめることはできないかもしれません。
しかし、広告とは実のところ何であるのか、これまで通りの広告がなぜ嫌われてしまっているのか、メディアや技術の 発展や時代の変化とともに、どのように
なっていくかを考えることで、広告の本質を考える場を提供いたします。
また、さまざまな業界の企業人、広告人、メディア関係者、大学人、大学院生等、いろいろな参加者とのディスカッションにより、多様な視点を得ることができると考えています。

主催
越境する広告メディア研究会
(TransDIAM: Trans-disciplinary Innovation for Advertising Media)

共催
東京工科大学 メディア学部
東京工科大学大学院 メディアサイエンス専攻
協力
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科同窓会(ABSアルムナイ)

 
日時
1
212日(土)15時~18 (受付開始:1430)

場所
工学院大学 新宿キャンパス 高層棟 11階、A-1161教室
 〒163-8677 東京都新宿区西新宿1丁目242
 JR「新宿駅」下車、西口より徒歩5
 地下1階あるいは1階から、高層棟のエレベーターで11Fまでおあがりください。

 アクセスマップ
 http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html
 キャンパスマップ
 http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/index.html

参加費:無料

参加にあたってのお願い
1)
名刺を2枚ご持参ください。
2)
インターネットアクセスについて
当日、参加者のみなさまが、パソコンやインターネットをお使いいただく場面は予定しておりませんので、会場にはみなさまのためのインターネット接続環境のご用意は
ございません。インターネットでの用語の検索などを行いたいとお考えの方は、 当日、スマートフォン、ノートPC+モバイルルータなどをご持参ください。


申し込み方法
こくちーずpro のサイトからお申込みください。


締め切り
11
28日(土)0:00
(定員を大幅に上回った場合、お断りすることがございますので、お早めにお申し込みくださいませ)



当日のスケジュール(予定)

15:00~15:00 開会、ポジショントーク司会
           (東京工科大学メディア学部教授 進藤美希)
            アイデアソン司会者のご紹介
           (専修大学ネットワーク情報学部非常勤講師/
            NTTレゾナント株式会社
            メディア事業部広告営業部門担当課長 大和田龍夫)
15:00~15:05 ポジショントーク【1】開催趣旨のご説明
           (東京工科大学大学院
            バイオ・情報メディア研究科長 上林憲行)
15:05~15:10 ポジショントーク【2】体験型広告の開発
           (東京工科大学大学メディア学部准教授 太田高志)
15:10~15:15 ポジショントーク【3】広告とゲーミフィケーション
           (東京工科大学大学メディア学部特任准教授 岸本好弘)
15:15~15:20 ポジショントーク【4】最新のデジタルサイネージ
            TBA
15:20~15:25 ポジショントーク【5】広告人材に求められる視点
           (株)星野リゾート
            ブライダル広告 戦略プラニング マネージャー/
            青山学院大学大学院国際マネジメント研究科MBA
            池田優)
15:25~15:30 ポジショントーク【6】アジアのメディア展開と広告
           (日本経済新聞社 グローバル事業局担当部長/
            青山学院大学大学院国際マネジメント研究科MBA
            丸山昭治)            
15:30~15:35 アイデアソンの進め方のご説明、司会(大和田龍夫)
15:35~15:40 個人シート記入
15:40~15:50 個人シートの交換、インタビュー形式のアイデア共有
15:50~16:10 グループワーク【1】
            (アイデアをベースにしたテーマ設定)
16:10~16:40 中間発表(グループワーク【1】の発表、各3分)
16:10~16:20 休憩(どのグループに移動するかの思考時間)
16:50~16:55 グループ再編成
16:55~17:25 グループワーク【2】
            (中間発表に基づいたアイデアの深掘り)
17:25~17:55 最終発表
17:55~18:00 投票
18:00~18:05 閉会の辞(上林憲行)
18:05~18:30 リフレクション

中之条ビエンナーレ

中之条・伊参スタジオで中之条全景を見る。
iPhone6plusの威力を痛感した。
こんなパノラマが撮れるなんて。
IMG_1181
https://www.flickr.com/photos/owada/albums

IMG_1177
「来場者」との「インタラクション」をこのように実現するのもビエンナーレならでは

第1日目
中之条ビエンナーレ2015(0)
第2日目
中之条ビエンナーレ2015(1)
第3日目
中之条ビエンナーレ2015(2)

引込線とライカ

実は、他のレンズは要らないかもしれないと感じ始めている。
なんといっても、久し振りに使った、バカ重いこのカメラ。
(使う側の体が)動く限り使い続けたい。
ここで使ったレンズは全部スーパーエルマー15mm(ライカR9+デジタルモジュール)
Macを修理中のためPhotoshopで現像をできないため「写真」で撮って出しのちょっとダラっとした写真。
引込線2015

フィルムの魔力と越後妻有トリエンナーレ2015

今回、結局R615mmしか使わなかった。
持って行ったので悔しいからちょっとだけR8も使った。
出来上がりを見てみるとほぼ満足。
暗いところ対策は必要だ。
ローライレンズ復活を画策することを決意した。
越後妻有トリエンナーレ2015
こんな芸当が出来るのも
トイラボさんのおかげ。
仕事は早いし。いい仕上げだ。ありがたい。
http://www.toylab.jp

Macトラブル対応

マックが起動しない場合の7つの対応方法
そもそもこれを見つけられなくなっているワケだけど。

http://www.danshihack.com/2015/02/02/junp/mac-boot-maintenance.html