富山

岩瀬浜
ニシン御殿が建つ港町らしい
観光地として発展するのか、このままひっそり街としての機能を終えるのか、富山の力量が問われる。
0033
0003
0002
0001
0032
0023
0021
0026
0024
0017
0016
0012
0009
0008
0004


富山ポスタートリエンナーレ
12回目で会場は新しい美術館に移転
10回目から行くようになった。
IMG_4471
IMG_4472
IMG_4473
IMG_4474

0010
0009
0005
0004
0034
0035
0032

富山市内の歴史は知るとなかなか深い
0030
0028
0027
世界一美しいスターバックス
0025
0024
0022


富山県北口の謎のオブジェ
0019


富山の新しい名所
0036
0006
0015

24時間富士山周遊

長いこと行きたいと思っていた「身延山」
身延山からは富士山が見えると思い込んでいたが、
山が近すぎて見えないというのを知った。
1992年に富士山に3回ばかり行った。
そっちに行くのはそれ以来ということになる。
時間富士山一周">24<span style=時間富士山一周">
幸福のつり革は「伊豆箱根鉄道修善寺線」
にもある。満島ひかりのドラマを思い出して訪問したのは「201754日」だった。それから1年。
2017年に修善寺に行ったのは多分「
ラヴソング」を観てだと思う。だから、目的地は熱海だった筈。
20180504L1061157
が、しかし、
20180504L1061097
うっかり、山頂に行かなかった。まるで、今昔物語の石清水八幡宮の話のようだが、高いところが苦手な私にはあれ以上の高いところは無理だ。
(又行けばいいんだろうけど、多分いかない)
20180504L1061080

仲良し(今日の一枚)

20170827_13

春日部の黄昏(今日の一枚)

20170827_49

豊春駅の黄昏(今日の一枚)

20170827_53

二つの聖地「熱海」と「いずっぱこ」

二つの聖地「熱海」と「いずっぱこ」"><span style=二つの聖地「熱海」と「いずっぱこ」">

カメラ?スマホ?


ついつい気になって、やっと設定が終わった。
あとSIMカードを入れればなんとかなる。
googleさんが100GBのドライブを提供してくれる。
どうやら2年間だけのようなんだけど。

中之条ビエンナーレ

中之条・伊参スタジオで中之条全景を見る。
iPhone6plusの威力を痛感した。
こんなパノラマが撮れるなんて。
IMG_1181
https://www.flickr.com/photos/owada/albums

IMG_1177
「来場者」との「インタラクション」をこのように実現するのもビエンナーレならでは

第1日目
中之条ビエンナーレ2015(0)
第2日目
中之条ビエンナーレ2015(1)
第3日目
中之条ビエンナーレ2015(2)

Mマウントカメラ

leicam5clebody
rd1srd1x
12f5615f45
gr28f28gr21f35
grokkor35g35hexanon35f2
ms5011noctilux50
Pasted Graphic 72

Rマウントカメラ

Pasted Graphic 78
elmer28Pasted Graphic 79
makroelmer60angenieux70210
DPP_33993

ペンタックス

Pasted Graphic 53Pasted Graphic 54Pasted Graphic 57Pasted Graphic 56Pasted Graphic 58Pasted Graphic 55Pasted Graphic 60Pasted Graphic 59

(続)ミノルタCLE

clebodyclesetclelenssetcle40clegripcle90
1984年大学入学の年にマルイで買った。
本体・グリップ・ストロボ・40mm90mmを買った。
28ミリを買わなかった理由は分からない(高かったから、28mmは使ったことがあるから)。
ローンは多分36回払い。
総額は30万円近くだった筈。

社会人になって、レンズは28ミリを買って、40ミリと90ミリは売ってしまった。
人生で売ったカメラ(レンズ)はこの2本だけ。

1984年に買ってすぐに持って行ったのは写真部夏合宿(このために買ったんだろう)。
松島で故障した。
仙台のサービスセンターに泣きついたら、翌日に直してくれた。
(無料で・もちろん保証書など持っていないのに)
かなり夜遅くまでかかったらしいけど、嬉しそうに返してくれた。

そのカメラとは、野蒜→仙台ユースホステル→登米→三陸海岸縦断サイクリング(体育)の旅を共にした。
旅に一番お供してくれた(持ち歩いている)カメラだ。
2014年8月にヤフオクでもう1台手に入れた。
(シャッター速度のLEDがおかしくなるときがあるので不安になった)

使うと青春の思い出が蘇るカメラ
まだ、当時のカメラは30年を超えて元気に動いてくれる。
電子カメラ丈夫じゃないか?
レンズは、28mmの中のレンズのコーティングに曇りがでるという症状が2002年に発覚。
カビかと青ざめたけど、大阪サービスステーションで部品代5000円、工賃20000円でどう?と。
勿論交換してもらった・・・。
製造中止して10年以上のレンズの不具合をなんとかしようという心意気に感動した。
(今はないカメラメーカーか・・・)
残念でならない。
秘かにCLも使ってみたいけど、そんな勇気はない。
なのに、M5を持っている自分はかなりアホだ。

28ミリレンズ

3本持っている28ミリレンズ
M-ROKKOR28mm(F2.8) GR-28mm(F2.8) G-ROKKOR28mm(F3.5)

1眼レフでは不思議と持っていない。
(買ったことはあるし、正確にはPentax smcM-28mmF2とか、Topkkor28mmF2.8、ローライナー28mmF2.8を持ってはいる)
gr1_lens_28mm
g2835set
mrokkor28
ミノルタCLEとマキナW67(Nikkor55mmF4.5)ではその画角は断然効果を発揮する(と思っている)。
makina267
R-D1sR-D1xm4/3にはつくけど28ミリの魅力は半減する。
画角は1.5倍だから42ミリと同じ画角になってしまう。
rd1srd1g
R-D1s、R-D1xgはとりあえずある。
このカメラで28ミリの画角を得ようとすると18ミリレンズが丁度良いということになる。
12ミリ(F5.6)、15ミリ(F4.5)、21(F3.5)ミリは持っているけど18ミリは持っていない。
ともあれ、しばらくライカMーMonochrome、Mホニャララを買うことはないことにしたい。
M-5はうっかり買ってしまった。抜群なシャッター感触だけど、露出計が今一信用できない。35ミリファインダ枠はあるけど、28ミリファインダー枠はない。

ミノルタCLE

初めて買ったカメラはミノルタXE
悩みに悩んで、ニコンでもキヤノンでもペンタックスでもオリンパスでもなくミノルタを選んだ。

cle

大学に入って買った35ミリカメラは「CLE」だった。
マルイのクレジット36回払いだった。40ミリと90ミリを買った。
28ミリを買ったのはミヤマ商会新宿店で、その時に40ミリと90ミリは売り払った(多分使うことはないと確信したので)。

mrokkor

ミノルタがすごいなと感心したのは2002年のことだった。
90年には製造中止となったはずなんだけど、このMーROKKOR28ミリは中のレンズのコーティングが悪かったみたいで、それがカビなのか?曇りなのか?という感じであわてて大阪のサービスステーションに持ち込んで相談した。サービスステーションの人も「もう流石に・・・あ、レンズ作り直したのがあって・・・まだあれば・・・」ということで、レンズ代3000円、修理工賃20000円みたいな感じで復活した。なんともすっきりした写りのいいレンズだ。

CLEはなんと、今なお修理可能(ミノルタではない)なのも見事。
http://mcs-web.jp/

CLEの細かい仕様は下記に書かれている。
http://www.orioweb.net/camera/Minolta_CLE/minolta_cle.html

ミノルタは昔から広角レンズについてこだわりを持っていたのか「レトロフォーカスタイプのレンズだと・・・」というこだわりを持っているみたいで、一眼レフではあまり「これだ」という広角レンズを作っていない(とかいいながら、MD24ミリ、フィッシュアイ16ミリはライカRマウントに供給ていたみたいだ)。なもんで、CLEというカメラをあんな時代(1981年)に出したのだとは思う(ライツミノルタCLがなくなって、表向きの提携関係は消えたこともなんか理由はあるんでしょう)。でもCLEでもTTLダイレクト測光だと測光部の光路確保が必要で、対象型のレンズにはなりきれていない。CLEをやめた後には、TC-1というとんでもない高級趣味コンパクトカメラでようやく夢がかなったようで、それをLマウントで作ってくれたのがLマウントのG-Rokkor28mmF3.5。このレンズはM-ROKKORと全然違う写りが実現した。

grokkor
grokkor2
grokkor3

このレンズは「対象型広角レンズ」なのでレンズがフィルム面の近くまで出っ張っている。R-D1sとかで撮ると光線状態によっては露出ズレることが多い。コントラストの高さと彩度の高さは知る限りNo1。周辺光量の落ち具合も◎。多分このカメラとレンズが一生使うカメラになりそう(壊れない限り)。使うフィルムはもちろんTri-Xだ。