髑髏城の七人「風」

スクリーンショット 2017-09-24 18.25.21
http://www.tbs.co.jp/stagearound/kazedokuro/

やっぱり、森蘭丸は水野美紀に限ると思ってしまった。

柳田格之進



スクリーンショット 2017-09-24 18.21.14スクリーンショット 2017-09-24 18.20.59スクリーンショット 2017-09-24 18.19.56

第1回横浜のサヘイジ〜立川左平次落語会〜

何はともあれ第1回というのは楽しいものだ。
この落語会に行ったきっかけは、
なんとtwitterでご本人からお誘いいただいたからだ。
立川流の落語を初めて聴いたのは、
「ゾンビ指南」(志ら乃)をシブゲキでゾンビフェスの一つでうっかり。
一応、あくび指南くらいは知っているので、どうなるんだと思いながら、
談志が憑依したかのような喋りになっちゃうの?とちょっと立川流を敬遠していたのも事実。
実際、談志が憑依しているような感じもしたけど、フツウに面白い演目になっていた。
枕もギリギリなのが舞台である必然を高めてくれていた。

その後、twitterで談四楼さんから「是非」とお誘いのことばをいただいたところに、
この左平次さんからの「お誘い」
1日悩んでお返事をしたら、⒌分でチケットお取り置きしますと。
すごいなこれは・・・。
と「左談次」と「左平次」を間違えていることに気がついて、
・・・
そのまま当日になって、
「あれ?」
左談次の弟子で、元談奈?あれ?談奈って二人いる?
当たり前の混乱をした上で、高座へと

IMG_3533

感想はヤボなんだけど、
ま、是非第2回もやってほしいと思った。
それより、
左談次師匠の反対俥
こんなすごい高座をする人がいるとは・・・
枝雀がとか、雀々がとか、一之輔がとか言っている場合ではなかった。
TBSには「
落語研究会」なる番組があるが、なんか堅苦しい感じで、敷居が高い。
そのラジオ時代の番組に時代はワープして
「反対車」について「全く内容がない」「ものがたりも矛盾だらけ」「オチも尋常じゃない」
一工夫してくれるに違いない。
という高座中高座仕立ての「オチまで事前に解説した上で」
演じるというすご技を見せてくれた。
(人によっちゃ「わからないということを配慮した上での」「ウラのウラ」をいく妙手だと思う。

あれを見せられてしまうともう。
又来ます。としか言えない。

二回目、3人の立川流はやはり「一癖も二癖」もあった。

百鬼オペラ「羅生門」


http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_rashomon.html

シアターコクーンで飛ぶ女優というと
吉高由里子
成海璃子
そして
ついに「満島ひかり」まで・・・
堀プロの「宙づり」というと元祖は「榊原郁恵」なのかもしれないけど。

舞台の作りが「綺麗」
芥川龍之介の本を読んでいるのかどうか
黒澤明の「羅生門」を知っているのか
「検非違使」とか知っているのか

蜘蛛の糸を吊り下げる満島ひかりがいたのは「睡蓮」で「蓮」じゃないところとか、細かいところが気になるのはいやらしい。
で、大満足。

オペラにしては「音楽」がバラバラ(でもいい生演奏)
オペラだけに「始まりはバレエ」(って、パリかここは?みたいな)
幕があると舞台って感じ(だけど、2幕だとフツウの演劇っぽい)

鎌塚氏、腹におさめる

第一弾・第三弾が「ともさかりえ」
第二弾が「満島ひかり」
二階堂ふみかぁと思ったが映画「SCOOP」でいいヒロイン役を演じていて、
満島ひかりは「少女A」、二階堂ふみは「リンゴ殺人事件」
そして、大堀こういちのギター・・・。
満足いく2時間5分だった。
キャスティングに外れはない。
お見事!!
腹におさめるものは「〇〇〇」のことなんだろう。

スクリーンショット 2017-08-29 17.10.46
http://mo-plays.com/kama4/

プレイヤー

スクリーンショット 2017-08-20 07.33.23スクリーンショット 2017-08-20 07.33.07
なんといっても、写真が「SCALA」で撮られているのがすごい。
(白黒リバーサルフィルム)
話自体は、
劇中劇で、
そこに「瞑想サークル」
不完全なシナリオ
役者がエチュード形式で作り上げていくということでもなく、
ときどき演出家に作家が憑依したかのような、
「ふ」と追加されたエンディング。
前川ワールド前回にもならず、
かといって、長塚ワールドでもなく、
双方が遠慮しあっているかのような感じになっている。
(と私はついついて毒づいてしまう)


ハイバイ もよおす

haibaimoyoosu
RPG演劇のニセモノ」
「大衆演劇のニセモノ」
「ゴッチン娘」
流石だった・・・。

なんと、大衆演劇のニセモノは、
多分、IHIシアターよりコストパフォーマンスがいいかなと(^_^)
決めポーズで写真を撮って欲しいという無茶な注文も↓
IMG_3422
平原テツが妙技を。

ゴッチン娘は
壮絶だった・・・。
終わり方は、エクスデウスマキーナ的な感じでホットした。
藤谷理子頑張ったな・・・。

で、今回一番目立ったのは「ゴッチン役のマッチョな人」
(すいません、顔と名前が一致しません)


で、
「もよおす」

何をもよおしたのか・・・。

鳥の名前

鳥の名前
赤堀雅秋の舞台で一番だった。
絶望で終わらないことが助かった。
現実の延長にある狂気が見事だった。
いや、やっぱり全員の狂い方があまりに見事だ。

ということで、葛城事件をテレビで観る。

ドドンコ、ドドンコ、鬼が来た!

鬼がきた

22日に観劇
時代背景がちょっと残念な感じなのはご愛敬で、
やっぱり壮大なドラマにしようとする限界みたいなものが見えてしまったけど、
(新感線の場合はテーマがぶれずに問題は個人の関係性に絞り込んでいるのが見事)

夏の風物詩、細かいところはどうでもいい。
これを観ないと夏を実感できない。
なんと、来年は・・・あれ、なんだっけな、壮大な演目を予定しているはずだ。
あ、違った「天守物語」だ・・・。
あんなに沢山の劇団員さん出番ないよなとちょっと心配になる。

入江雅人一人芝居「ヤング&ワイルド&フリー」

グレート一人芝居グレート一人芝居
グレート一人芝居
相変わらず泣かせてくれる一人芝居。
今回はゾンビは出てこなくて、
3作品

福岡3部作ともいうような、
なんとも壮大なスターウォーズが登場してくれた。

仕事の前にシンナーを吸うな

スクリーンショット 2017-06-15 15.45.26
シティボーイズライブも随分と久しぶりだが、三木聡・作・演出によるものは17年ぶりのライブ

瓶蓋ジャム再び
ムヒからフリスクへ
破産者から薬物中毒者へ
窓を開けると大きな大仏の顔が一杯に・・・
繩から粘土に
どっちら狂っているのかわからない
・・・
知らないことを調べない勇気
・・・
べっぴん
とは


やはり、老人たちには40分くらいが限界で、
アフタートークとライスのコントを入れても1時間。

しかし、

三木聡が舞台を降りたのは、
当時色々噂があった。
三木聡と不仲な役者を使うか使わないかということで、シティボーイズの3人が役者をとった説なんてのもあった。
アフタートークで楽日の打ち上げで斉田しげるに三木聡がダメだしをしたという話題が出てきた。
「セリフ覚えないならもう脚本書きませんよ」
斉木しげるさんは、「覚えていないんだよなぁ」と。
三木聡は「松尾スズキさんにそれは人格そのものの否定だよと言われた」
きたろうさんは、それについて語り始めようとした。
続きはどうやら舞台裏なのか、打ち上げなのか、そこで続くようだった。

ゲストを「前座としてやらないで、おまけとして」
しかも、笑えない、泣けるコントとは・・・。

クヒオ大佐の妻

(映画)クヒオ大佐
の続編なんだろうか、
http://owada.sakura.ne.jp/play/index_files/adf0b030c27312f16c33c8d75847dc2a-229.php
コーカソイドっていうコンプレックスって確かに日本人にはあるかもしれない。
で、この演劇は
岩井秀人が主張する(セリフはちゃんと覚えていないから私のことばで)
フィクションってのはなかなかリアリティがない中で、知り合いの話だと俄然盛り上がる。
でも、そうそう知り合いの話ってのはないから、
知人の話を「ネタ」にするといい・・・
って「ワレサワレノモロモロ」そのものじゃないか?!
すごいぞ・これは・・・。
と緊張したのだけれど、
残念ながら、以後はダラダラと続く。
で「
クヒオ大佐の妻
宮沢りえの魅力意外には、
ハイバイの力に圧倒されるのと、
水澤紳吾(多分初見)
あ、するってぇと、役者さんには罪はない。
(ケラさんが良くも悪くも芝居を知らないって書いていたけど)
出ている役者さんは感じているんだろうな。
ちゃんとカーテンコールしているのがいいお客さんたちということで。

kuhio

天の敵

tennnoteki

なんとも壮絶な芝居だ。
2時間10
息つく間を与えてくれない。
ウェブにはこう言葉が

完全食を求めて生き延びた男をめぐる物語。2010年初演の短篇「人生という、死に至る病に効果あり」を長編化、フルスケール版にて、お送りします。
ライターの寺泊は、食事療法の取材中、戦後まもない1947年に「完全食と不食」について論文を書いた医師、長谷川卯太郎を知る。その卯太郎の写真が料理家の橋本和夫に酷似していたことで、寺泊は二人の血縁を疑い、橋本に取材を申し込む。菜食の料理家として人気を博す橋本のルーツは、食事療法を推進していた医師、卯太郎にあると考えたのだ。 「いや …… 長谷川卯太郎は私です。今年で122歳になる」


7年前には「イキウメ」なる集団を見ていなかったようで、
この後「太陽」他の作品が続いているということで、
集大成ではなくて「原点」だったというのが意外ともいえるし、納得させられるとも思う。

・人類の進化(≒多様化)
・何かを犠牲に何かの能力が拡大する
・人類共通の欲望とか何なのか

しかし、現実は「フィクション」を遙かに凌駕するところに来ている。
と思っていたが、イキウメだけは常に時代の半歩以上先を行っているようだ。

安井順平
浜田信也
盛修二
この3人は鉄板で
森下創
大窪人衛
この2人のすごい当たり役に感動・・・。
伊勢佳世
がいないのは残念でならない。

小野ゆり子、太田 ロランス、松澤 傑、有川マコト、村岡希美
の5人は見事だった・・・。
そして、結末を迎えるにあたって、村岡希美じゃないと成り立たない見事な・・・。
(2007年の芝居を見てみたかった・・・)

髑髏城の七人「花」

もし、機会があれば、是非、自腹で行っていただきたい劇場。正直馬鹿にしていたところもあったけど、ありゃお見事。
昨今、バーチャル歌舞伎とかなんやら言っている話がありますが、井上歌舞伎はここまで来ています。
TBSIHIの奇抜な発想はいのうえひでのりなしにはこの偉業をなし得なかったと思うし、その偉業のルーツには「つかこうへい」があり「劇団新感線」の37年の歴史の上での偉業なんだとは思う。
この舞台装置をどう使いこなす人が来年以降誕生するのか・・・。やっぱり「コンテンツ」は重要なんだろうけど、そのコンテンツを支える「器」はイノベーションの基礎なんだと確信した「IHIシアター」を堪能した夜の感想。

360度の舞台空間をどう「割り振るか」が演出家の腕のみせどころであり、客席が動いているときには「効果音」が必須なようだった。更に変な方向で変な音がするんですが、その理由はエンディングで明らかになります。っていうのは「水」をあそこまで使えるのは「すごい」の一言。
他所の劇場であれちゃったら、入り禁止になるんじゃないかな・・・。舞台であれだけの「雨」と「水」が使えるなんて・・・。それでも他の舞台は「濡れていないので安心・安全」なんだろう。
あと、
「カーテンコール」がすごいことになりる。
カーテンコールは「最後の舞台セットで」するしかないわけだけど、全部の舞台セットをぐるりと回ってくれる「特典」があるわけだ。こりゃすごい。りょうの早替わりもさすが・・・。

(残念なことに「帰路」との関係で最後の位置が決まっているようで・・・)
そうそう、
「白鳥の湖」が大音響で流れる。
(兄者(つかこうへい)に対してのオマージュかなと勝手に思っている)
あと、
清野菜名が頑張った・・・・
ストーリーが細かいところが変わっていたけど、見くらべてみて、うーん、新作の方がいいな。
見事だった・。
名作はなんどもやって、なんども改訂してください。

白蟻の巣

shiroari
すごいものを見てしまった。
ちょうど前の週には「不信」を池袋芸術劇場で見た。
どちらも「夫婦」を巡る話
時代が違うこと、
モロモロ違うことは多々あれど、
大道具が突然動くという共通項目があった。
あと
なんで平田満なんだろうと、前半に思ったことは、
休憩後に急速に意味が深まる・・・。
そして、村川絵梨が・・・。
村川絵梨というと「歌姫」を思い出す。
一番の驚きは、三島由紀夫がこういう戯曲を書いていたということだ。
猟銃の「井上靖」以来の驚きだ。
三好十郎といい、日本の昔の戯曲も捨てたものではない。

不信〜彼女が嘘をつく理由

Pasted Graphic 1hushin
優香がよかった
段田安則は流石
栗原英雄・・・いい役者だ。
衝撃の結末にびっくり
予想を裏切ってくれた。
歴史ものでなくても出来るんだ・・・。
密室じゃなくても芝居になっていた・・・。
新しい局面に来たようだ。

親愛ならざるもの

f969ac3869a121687530b37f28a02ebe

新らしいエクスプロージョン

新しいエクスプロージョン

安心

http://natalie.mu/stage/news/207341
http://kokusandai1go.wixsite.com/kokusandai1go

国産第1号「安心」楽日公演を堪能した。人数が違うのだけど、野沢尚の「ひたひたと」又は鵺的の「荒野1/7」を思い出すその背筋の凍り付くようなすごい世界を堪能させていただいた。
なんといっても、2人でダンスをしているシーンのキレキレな踊りっぷりに涙してしまいそうになった。物語の構成もなるほど凄まじい。破綻なくああまとめるのはかなりの腕だ。
2回公演が楽しみだ。
今のところ、2017年観劇のBest1


anshin
一つだけ残念なことは、
市岡拓の演技が補遺かの5人についていけていないこと。
もし彼が別の役者さんだったら・・・。
いや、そうなると他の役者さんが死んでしまうかもりえない。
矛盾の部屋の出来事なんだ。

生きている時間

01
見事だなと感心したのは、
1/30だけ命を搾取されているという話。
60年を人生とすると2年・・・。それは徴兵の年数なんだ。
とか
時間が多くなるということは「相手が遅く見えること」とか、相対性理論の話か?
とか。

そういえば、生物の心拍数はどれも実は一緒だって話をきいたことがあるのを思い出したり。

見ていてわかったのは、
落語の方が密度が濃くて、
演劇の方が密度が低い。
密度は別にその価値を語っているのではないことはこの舞台でも語っていた通りだ。

色々気がついたことが沢山あったんだけど、
家に着いたら忘れてしまった。

あ、そうそう、
エンディングで「アメリカンニューシネマ」みたいな終わり方にしなかったのは、
多分、続編を「倉持裕」か「上田誠」にということなんだろうと思うことにした。

陥没

スクリーンショット 2017-02-12 10.11.48
「陥没」であることは何ら明示されなかった。
ケラワールド満開でありながら、
話の表層は明るいコミカルなもの。
元ネタは「夏の夜の夢」なのか、
「天国から来たチャンピオン」
「素敵な金縛り」



贅沢な役者陣に、贅沢な舞台、
贅沢な観客
3時間20分の長編演劇

「グッドバイ」(小池栄子だけですけど)
「奇っ怪遠野物語」(山内圭哉と瀬戸康史)
「タレントとマネージャー」は(虹とマーブル)
「ブロッケンの妖怪」(生瀬勝久と高橋恵子)
がぐちゃってなった感じだけど、
ケラ色が強くて。

足跡姫

スクリーンショット 2017-01-29 18.08.55

「いい火加減だ」「許す」
そんな一言のために延々を芝居をするものがあった。
この足跡姫も相変わらずのグダグダな一連があったんだけど、
「最後のシーン」のためだけに。
「十八代目勘三郎」
このことばを言うがためだけの
歌舞伎の芝居
「the bee」を75分で演じた野田秀樹が
色々な事情で2時間を超える演劇もやるもんなんだなと、
シミジミ思う。

しかし、どうしても不思議なのが、
あの有名な「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲

なんで、これを使ったのか。
確かに、叙情的でもあり、リアリズム文芸運動からの原作であり、これで一躍有名になったマスカーニ。
三角関係のもつれの泥沼劇。
単に耳に良い感じだから使っただけなのか、
何なのか。
興味は尽きない。


と、ここで毎日新聞は
江川紹子の記事を見つけた。
「やがて初代の猿若勘三郎の肉体も消える。だが消えても、消えたのに消えることなくずっと続いてみせる」「二代目、三代目・・・・・いやもっと、六代、七代、ううん十二、十三、十四、十五、十六、十七、十八・・・・・」「そこできっと、姉さんのひたむきさは生き返る」
2001年8月に初演された「研辰」で使われていたそうで。勘三郎襲名披露で2005年5月の再演でも「研辰」は上演したようだ・・・。やっぱりそんなことだったんだ。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」は「田舎の騎士道」、なるほど、そんなこった。
(足跡姫ではなくて、こちらのサビの「使い回し」だったわけだ)

キャバレー

carabet

http://www.parco-play.com/web/program/cabaret2017/

すごい舞台だった。
長澤まさみがしっかり唄っていた。
おいしい所はMC石丸幹二が持って行っているが、それはいた仕方ない。
こんな話なんだとは意外だった。
小松和重と秋山奈津子の大人の恋とそれを阻む政治というよりは、いやいや、そんなもんじゃない。
てなことでパリからタイプライターをもってベルリンに行って、
タイプライターを売ってパリに帰りたい。

春風亭一之輔独演会—2016冬の陣—

池上本門寺
春風亭一之輔独演会
「柳田格之進」のサゲは
wikipediaのものとは違って、碁会所にまた行こうと誘って終わっている。
お見立て」は、何回か聞いた記憶がある。美声を誇るところがオリジナルだと思う。
芋俵」は多分、去年の前座さんと同じ人なんだろうけど、去年の方が面白かったような。
結論としては、
どの口が言っているかはおいておいて、一之輔が旨くなっている。
そこだけは間違いない。
たんなるドタバタ落語だけ得意なお笑い芸人ではなくて「話芸」の真打ちになっている。
image
image
image

ワレワレノモロモロ 東京編

wareware
観に行ってしまったのは、
ヨーロッパ企画「来てけつかるべき新世界」のおまけトークで
壮絶な話をまとめていることを岩井秀人が言ったので、

http://hi-bye.net/plays/warewarenomoromoro

1
上田遥
タイに行った話
(外国から来た人に優しくします)

第2話
池田亮
子どもの頃の親との関係、そして、その話を親に舞台にすると言った話
(「ごめんなさい」・・・・)

第3話
平原テツ
いとこの婚約者とぶっちゃけ話をした「今は売れてはいない役者」の話
(「夢」ってなんだと・・・、究極の放置プレー)

第4話
師岡広明
池袋のマンガ喫茶の話
(春日部って・・・美女木も分かるけど、人間観察模様)

休憩10分

第5話
荒川良々
豪快なお父さんと、学校でのこっくりさんとエンジェルさんの話
(なるほどなぁ)

第6話
岩井秀人
里帰りしてきました、という話
(あまりに壮絶な、そして、こんな現実に涙が止まらない)

第7話
永井若葉
「無茶苦茶通し稽古」の話
(柿喰う客以外が乱痴気騒シャッフルをしない理由がよくわかった、岩井秀人、怖い、声帯から血出したくない)

第8話
川面千晶
叶清子さんの恋話
(恋ってのは・・・・・・)

今年観た全ての芝居をぶっ飛ばしてしまうそんなパワーを持っていた。
参った。
どうやら、見てはいけない舞台を見てしまったようだ。
客席もなんか、今まで見た舞台と異なる「熱気」を感じた。
(アゴラ劇場なんかは「凍てつく」って感じだけど、無言なのに「熱い」)


どうやら「今はまだ売れて(は)いない」役者さんがこの8話を大回転させていたようで、(は)

磁場

スクリーンショット 2016-12-15 15.06.41
なんとなく、竹中直人には、今一つの印象がある。
が、これは良かった。
倉持裕の脚本もほぼ、外れない。
(たまに外れたことはある)

http://mo-plays.com/jiba/

何かあったな・・・
と思ったのが、
わかった。
「砂の女」


まさに、あの蟻地獄のような・・・。
そう、それをここでは「磁場」と呼んでいた。

最後のシーンのすごさに「!!」となった。

image KILL the KING

初めて見たのは駅前劇場だった。
2006年だったか「百千万」再演だった。
15周年記念公演は無事終わろうとしている。
こんなに熱い芝居をやる人たちだったんだ。やっぱり。
「熱いぜ、鹿殺し」
image_main

キネマと恋人

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO09882080U6A121C1BE0P00/
インフルエンザによる休演で鑑賞出来ず
残念
過去には、
鋼鉄番長(腰痛・アキレス腱断裂)・・・これは見た後に休演・代役で再会
おのれナポレオン(心筋梗塞)・・・映画館でライブを見ることになっていたが、翌日から宮沢りえが代演
てなことがあったが、そうそうあるものではない。
縁がなかったということなんだろうけど、
再演には是非行きたい。

はたらくおとこ

阿佐ヶ谷スパイダース
初めてみたのは「桜飛沫」だったと思う
水野美紀と真木よう子が出ていた時代劇。
まだ「激しかった頃」の長塚圭史
10年ぶりの
再演とのこと

01_s1

見ている人の多くは「
10年」という月日で変わった。
演劇の持っている怖さを超えた恐怖と向き合っている。
今、私たちが求めている演劇とは「笑い」「救い」であるのかもしれない。
時代を超えた演劇もある一方で、見る側を選ぶ、見る側の心の問題を整理してから臨む必要のある、
そういうテーマがあることを知った。
とはいえ、
「許す」
この一言のための2時間20分
「いい火加減だ」に次ぐ名作だ
そして、
トラックの突っ込むシーン、そして、タイムスリップ、



遠野物語・奇ッ怪其ノ参

仲村トオルの芝居は何本みただろうか、
ひょっとすると一番見ている役者かもしれない。
(いや、水野美紀の方が多分多い・・・)
スクリーンショット 2016-11-13 17.33.16

遠野物語を初めて読んだのはいつだったか・・・。中学校だか、高校だか・・・。
高校1年のときに、写真部合宿で遠野に行った。
それから何年後か定かではないけど、もう1回、遠野に行った。
いずれにしても「遠野物語」を読んだ衝撃を超えるものはなかったような気がする。
が、実は、衝撃を受けたのは「山の人生」だったのかもしれない。
・・・
電話で「もしもし」
と会話が始まる理由は、
「申す」と「たそがれどき」に「妖怪」が後ろから声をかけてくる。
振り返ると殺されてしまう。だから、申すと言うのには「振り返らないで」一心不乱に逃げること。
人間なら「申す、申す」と言える。
それなら振り返っていい。
というのを、いつだったか読んだ記憶があった。
・・・
時が過ぎて、電話の会社に勤めることになってびっくりしたことがあった。
業務用電話で「もっしー」と言う符丁がある。
(その場合には同業者でアルということのようで)
え、その会社の人は「妖怪なのか・・・」と驚いたものだった。
そんな話が、検索で出てくるようになったのは21世紀になってから。
・・・
伝説
物語
事件
個人の経験
・・・
どうするのか。
やはり、ものがたりを語れるようになるべき、そんな時代なんでしょう。

バカシティ「たそがれ編」

bacacity
初めて見た喜安浩平というか、ブルドッキングヘッドロックは「スケベな話」だったと記憶している。
それでも2つを同期間交互上演していたようで、
つまり、今回も2つあるうちの一つを見た。
時間をグルグル回って、とんでもないことになっているんだけど、
不思議と話にはついていけて、
しかもあらゆる矛盾をなんとなく受入ながら、楽しめる。
しかも、エンディングで「笑って終わった」のは人生初めての経験かもしれない。
なるほど、
今は「落語ブーム」なようで、
「あたま山心中」
「前川知大も林家三三」
とみたいな感じなので、決して不思議なことでもないんだろう。
最高傑作は「おいキミ失格」なんだけど、
今回も満足。
もっとも、アゴラ劇場がなんか好きになれないのはなんでか。
と思っていると、
帰りに立ち寄るのにいいお店、
開演前に一杯やるいいケーキ屋さん、
見つけたので、まだmだ楽しめそうだ。

タイムスリップってのはなんでこんなに面白いのだろうか。
それは自分が絶対できないことだからなんだろう。
「H.G.ウェルズのタイムマシン」を読み直してみたい。

珍渦虫

chin_omote_fix
http://www.pragmax.co.jp/propeller/
4回くらい「このやろー」と怒りたくなった。
が、舞台挨拶を見て「ちょっと涙が溢れてしまった」
水野美紀は本気で、全力で取り組んでいたんだ。
物語は
主人公の「作家」の話
作家が書く物語の中の話
作家についている「編集(水野美紀)」の話そして、
編集の後輩の話
・・・・
物語の基本は「主役」以外の背景は語らない(新井一:シナリオの基礎技術)
というお約束を破って、物語はどれも深く潜り込んで入り交じる。
・・・・・
今時の鑑賞者ならそれくらいついてこられるでしょう?
ということなんだろうけど、
いやいや、110分の演劇でそれは酷ですよ。

とはいえ、
プロペラ犬は第7回公演までやってきた。

黒い十人の女(バカリズム版)を放映している裏でこれだ・・・。
なんかカブってしまっているけど、
スーツ姿、ピンクの服着た水野美紀、そこだけで、
会場のオッサンたちも満足だろう。

夜にて

yorunite_soukan
http://cubeinc.co.jp/stage/info/jj2016.html

とんでもないものを見てしまった感、満載だ。
もちろん、いい意味で。
心から見ている人を楽しませたいのだな、
そしてやっている人も楽しいだろうな、
と、
テレビドラマでよくある「ミステリーもの」
村の謎に入り込む「サスペンス」
女将と行きずりの者の淡い恋
陰謀と裏切り
衝撃の真実
そして・・・悲劇とハッピーエンド

そう、これを見たかったんですよ。
で、誰もがやりたい「ローマの休日ごっこ」
夢よありがとう。

どんなものでも全力で取り組めばこれだけ楽しめる。
珍渦虫と違って「小ネタ」は深く追わない。正しい。
実は、
デメタンのギターが思った以上に上手かった。
佐藤真弓も歌が上手い・・・。

あたま山心中

news_header_064A2684
http://natalie.mu/stage/news/205055

繰り返しがあって、微妙に変わっていく芝居は難しいって誰かが言っていたが、そこは見事に演じていた。
「あたまやま」「青い鳥」「オリジナル」が混然一体となって、最後は「狂気」で終わるというのは、
ありがちなパターンなんだろうけれど、それなりに見応えはある。
ただ、ちょっとフツウの精神状態の人が見るに耐えられるモノなのだろうか?
(私はフツウな状態ではないから、辛かったということなのか?)
小道具が展開を予想させて、その予想を裏切り、裏切り、そして、最後には期待の結末。
そして、更に予想を超えた展開が・・・。でもそれは予想は超えていなかった。
わかったことは「平岩紙」の色の白さはすごい、素晴らしいということ。
(そこかよと言うなかれ、そんなところを観に来ているわけだ。観客なんて)

来てけつかるべき新世界

http://www.europe-kikaku.com/projects/e35/
e35
なんと壮絶なコメディなんだ。
特に必要はなかった「破壊役」の福田転球さんがいて、逆に安心してみたり、
語り部としていい立ち位置にいた初見の「藤谷理子」(今後も期待大の女優だ)
そして、
永野宗典の究極の姿
本多力の哀しい恋愛劇
ハイバイ岩井秀人を招いてのアフタートークは秀逸だった。
とにかく、今回のヨーロッパ企画の役者さん達は一皮剥けていた。

テレーズとローラン

初めてのシアターウエスト
cast_therese
therese_small
さすがだ・・・。
谷賢一得意の時間の逆行(伏線の回収みたいなせこいことはしない)
原作の脚本化(しかもゾラ・・・)
役者は厳選
贅沢な舞台配置
90分という無駄のない作り(役者も疲れるし、あの密度で2時間は客も辛い)
てなことで、絶妙。

前日に見た「コメディ」を全部忘れてしまった。
奥村佳恵(おくむらかえ)はny best actressになってしまった。

ケラさん「黒い10人の女」
白井晃「天守物語」
に次いで、私が見るのは3回目だけど、
結構なキャリアは積んでいるようだ。
(しかも大舞台ばかり)

家族の基礎〜大道寺家の人々〜

スクリーンショット 2016-09-11 19.01.52
まるで「ガープの世界」を見ているような、
といいつつ、今まで見た「倉持裕」作品が散りばめられて、
なるほど、シアターコクーンはそういう思い入れのでる場所なのかもしれない。
(おぼんろの座長がシアターコクーンを目指していますと言っていた、今回、倉持裕はコクーン初登場ということで)
鈴木京香は「鼬」もすごかったけど、今回もすごい。
そして「夏帆」が見事。
エンディングにはホロリと・・・。
3時間50分の大作。
満喫した。

浮標

葛河思潮社はこれで4回目。
実は「浮標」の再演は見ていない。
再々演で見にいくことにした。

これほどの名作が「1940年」
に作られていたとはすごい。
実は、前回みたときと印象はかなり変わっている。

田中哲司が喋りまくっていたような気がしたけど、実は思ったより喋っていない。
(充分喋っているけど)

主演女優が輝くのは第二幕からだった。
(藤谷美紀に惚れたのは2011年1月、松雪泰子は違うなと再演は見なかった)

長塚圭史がいい演技をしていた。
(前は、なんか、演出に徹したらと思った)

砂場の周り
(他の役者が一部、見ているのはなんでなのか、今回は、あまり不思議な気分にならなかった)

うるわしのソレント
(前回、水着姿の女優が出ていた記憶がないんだけど、あのシーンはエロかった)

で、また見たいそんな舞台。
そして、
万葉集を読みたくなった。
絶叫で終わる芝居というと「新国劇」「東京セレソン」
の十八番と思っていたのは勘違いだった。

muro式9.5「答え」

IMG_1925IMG_1927
IMG_1928IMG_1929IMG_1931IMG_1933IMG_1935IMG_1937IMG_1938IMG_1939IMG_1940IMG_1941IMG_1942

柳家三三春風亭一之輔二人会

IMG_1922
IMG_1921